WordPressブログ|初期プラグインは必要?不要?

WordPress
記事内に広告が含まれています。

WordPressをインストールしたんだけど、はじめから入ってるプラグインは必要なものなの?

WordPressをインストールすると、既に入ってるプラグインがあります。そのまま使っていいのか削除していいのか悩みますよね。

管理人
管理人

この記事では、初期プラグインが必要なのか不要なのかを分かりやすく紹介します。

はじめてWordPressを触った人にもわかりやすく説明していきます。

あきら
あきら
この記事を書いた人

・ライブ参戦300回以上
・30代パパ
・親子でフェス参戦
・会社員しながらブログ
・Webサイトいじるの好き

はじめに(環境はConoHa WING)

今回の記事では、レンタルサーバーのConoHa WINGからインストールしたWordPressの初期プラグインを紹介します。

レンタルサーバーによって多少変わるところもありますが、初期プラグインは同じ部分もあるので参考になりますよ。

 


プラグインとは?

プラグインとは、WordPressの元からある機能や設定したテーマでは足りない機能を追加・登録して、カスタマイズできるツールです。

WordPressは、利用者の目的に合わせて、自由な使い方ができるようにシンプルな機能で成り立っています。

WordPress 初期プラグインは必要?不要?

初期プラグイン7つ
  • Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
  • ConoHa WING コントロールパネルプラグイン
  • ConoHa WING 自動キャッシュクリア
  • Hello Dolly
  • SiteGuard WP Plugin
  • TypeSquare Webfonts for ConoHa
  • WP Multibyte Patch

この7つのプラグインを紹介していきます。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

『Akismet Anti-Spam (アンチスパム)』は、(アンチスパム)と書いてあるようにスパムコメント対策をするのであればこのプラグインを有効化しておきたい所です)とかいてあるように、スパムコメントを自動的に振り分けたりスパムメールを防いでくれるスパム対策のプラグインになります。

コメント欄をOFFにしている場合は必要ないので削除しましょう。

コメント欄を開放していて、スパムコメント対策をするのであればこのプラグインを有効化しておきましょう。

ちなみに、このブログはコメント欄をOFFにしてあるので削除してあります。

お問い合わせのページをつくってあるので、ご意見はメールでお願いしています。

ConoHa WING コントロールパネルプラグイン

『ConoHa WING コントロールパネルプラグイン』は、ConoHa WING利用者には、最初からインストールされているプラグインです。

サーバーの管理画面内で行う一部の設定を、WordPressの管理画面内で行うことができます。

ConoHa WINGの管理画面に行けば全て使える機能ですので、こちらのプラグインは無効化しておいて問題ありません。

ConoHa WING 自動キャッシュクリア

『ConoHa WING 自動キャッシュクリア』もConoHa WING利用者には、最初からインストールされているプラグインです。

記事を投稿したときに、ConoHa WING上のコンテンツキャッシュを自動でクリアしてくれるプラグインです。

ブログを勝手に高速化してくれるプラグインになります。こちらは特に不要な理由がないので、有効化したままで大丈夫です。

キャッシュクリアはWordPressの速度アップにつながるので、基本的には使ったほうが良いプラグインです。

キャッシュ系プラグインはエラーや不具合が起こることが多いです。『ConoHa WING 自動キャッシュクリア』を利用していて何かエラー等があった場合も、停止・削除するなど柔軟に対応していきましょう。

Hello Dolly

『Hello Dolly』は、不要です。削除して大丈夫です。

SiteGuard WP Plugin

『SiteGuard WP Plugin』は、WordPressのセキュリティを高めてくれるプラグインです。

ログインURLであるhttps://ドメイン名/wp-adminの、/wp-adminを変更してセキュリティを高めて自分のサイトを守ってくます。

有効化するとログインURLが変わってしまいます。慌てなくても大丈夫です。

すでにログインURLをブックマークしてある人は、ブックマークし直しておきましょう。

TypeSquare Webfonts for ConoHa

『TypeSquare Webfonts for ConoHa』は、ConoHa WINGで提供されているWebフォントを利用できるプラグインです。

ブログのフォントを変更する予定のない方は、削除して大丈夫です。

ConoHa WINGで提供されるTypeSquare Webfontsには、毎月利用できるPVに上限があります。なので、フォントにこだわりがなければ、特に利用する必要はないです。

ちなみにこのブログは利用していないので、削除してあります。

WP Multibyte Patch

『WP Multibyte Patch』は、日本語使用時のバグなどを修正してくれるプラグインです。

日本語でWordPress運営するときは、有効化しておきましょう。

これで、初期プラグイン7つの紹介は終わります。

 

初期プラグインの整理が終わったら

コメント

タイトルとURLをコピーしました